ブログカテゴリ:analog



04日 2月 2019
どんな味噌なんですか?とよく聞かれる 「生みそ」です「天然醸造」でつくってますと僕は答える すると、いつもポカーンとされてしまう (これは知識があればすんなり分かる表現なんだけど) 分かってる、みんなが知りたがっていることはそんなことじゃなくて、 ただ単純に味なんだと 味が知りたいんだと 味噌の味 これがやっかいだ 味なんて主観でしかないように思うし、味覚って曖昧だ(とも思う)
09日 6月 2018
小さな頃から 一人前の職人ってのが憧れだった でも、今の時代はそんな人は少ないのかもしれない 手作りの技術が必要もないぐらい同じ物が 同じように生産され並んでいる そういう物作りを求められる事も多いのかもしれない でも、自分で考えて自分の手で新しい何かを作る その面白さは なににもかえられない 自分の手で作った物には愛着がわく...
15日 7月 2016
ここ一年半色んな事を整理しなければならない日々が続いている それは勿論物理的な事もそうだし、精神的な事もそうだ 目に見えないものはあれだけど、目に見えるものは、 必要なものと必要でないものを区別し、 保管して管理していくのか或いは処分するのかを 判断しないといけない 結構大変な作業だし、とても時間がかかる そんな中、一枚のプレートを発見した...
17日 6月 2016
01日 3月 2016
19日 1月 2016
寒中お伺い申し上げます。 向寒の折、皆様にはお変わりございませんか。 喪中のため、年頭のご挨拶を遠慮させていただきました。 本年も何卒よろしくご厚誼のほどお願い申し上げます。 高知は今朝から雪が降っています。 市内で雪が降ることはあまりないので、 独特の趣を感じております。 風に巻かれ右往左往散っては消えていく雪、...
10日 12月 2015
塩麹ブームは過ぎ去ってしまいましたが、麹(糀)というフレーズはそれなりに定着したように思います。 しかし、毎日の食事のなかに麹(糀)を取り入れるといった、そもそも暮らしの中にあった発酵の文化に 人々の意識が及んでいるかというと、まだまだこれからのように思います。...
12日 9月 2015
穀物を発酵させて塩を含ませた食物を "穀醬(こくびしお)"と言います。 実はこれが後の味噌、醤油のもとになったという説があります。 そして、この発酵塩蔵食品である 醬(ひしお)から味噌の語源が生まれたと言われております。 「未だ醤にならないもの」を「未醬」と呼び、平安時代に入り「未」を「味」として「味醬」となり、...
30日 8月 2015
「麴・糀をつくり続けてくださる皆様」と題した手紙といっしょに 一冊の本が宇田味噌製造所宛に届いた。 「麴のレシピ」 予てから僕もまわりにお勧めしていた本だったので驚いた。 それと同時に嬉しくもあった。実はちょうど読み返したいと思っていたのだが、 知人に貸したままで手元になかったので良いタイミングでもあった。...
29日 8月 2015
パッケージのデザインが新しくなりました。 原材料名をできるだけ詳しく記載しております。 米味噌 高知県四万十産大豆「フクユタカ」 主に四国産米  天日塩            使用 麦味噌 高知県四万十産大豆「フクユタカ」 愛媛県産裸麦「マンネンボシ」 天日塩            使用 黒豆味噌 主に四国産米 高知県四万十産大豆「フクユタカ」...

さらに表示する