脱脂加工大豆




よだいめブログ とさろぐ tosalog
よだいめ プロフィール
よみもの
tosalog YouTube
日本の発酵文化にまつわる用語集


脱脂加工大豆



 

「脱脂加工大豆」
大豆から油分を取り除いたものが脱脂加工大豆です。

大豆油の抽出方法は、ヘキサンという溶剤を用いて抽出される方式が主流。

 

 

 

「農林水産省 大豆の豆知識」にて閲覧出来ます。
http://www.maff.go.jp/j/seisan/ryutu/daizu/d_tisiki/

さて、この脱脂加工大豆ですが、
よく「油の絞り粕だ」と表現されたり、
「実は美味しい醤油がつくれるんだ」とも
言われてたりします。

スーパーマーケット等で陳列された商品の食品表示を見る限り、
今では、ほぼ脱脂加工大豆で味噌を作っている人はいない
かとは思いますが、醤油はよく見かけます。

それは、なぜか?

調べたところ、
脱脂加工大豆を使うと丸大豆を使うよりも「うまみ」が出るそうです。
醤油は「しょうゆ品質表示基準」によって
「特級」「上級」「標準」に区別されています。
これらの等級は「うま味」の指標といわれている
「窒素分」 の含量や色度(色の濃淡)などで決まるので、
「窒素量が高い」=「うま味の多い醤油」という事になりますよね。
なので、まあ、
要するに脱脂加工大豆で仕込むと「窒素が出やすい」って事ですかね。


とにかく
大豆から油分を取り除いたものが
脱脂加工大豆であり、
大豆油はヘキサンという溶剤を
用いて抽出されてるって話です。


 

好評‼

 

TANICA

「ヨーグルティア」

売れてます!!

 

甘酒、甘糀作りに最適!

発酵のある生活は素敵!


アフィリエイトのアクセストレード

ふじみそ オンラインショップ