味噌をつける




よだいめブログ とさろぐ tosalog
よだいめ プロフィール
よみもの
tosalog YouTube
日本の発酵文化にまつわる用語集


味噌をつける



 

なんと!平安時代

味噌は食事以外にも利用されていたようです。

 

味噌はヒンヤリとした感触だった為、

平安時代では火傷や切り傷に効くと信じられ、

傷薬として直接塗られていたんですね。

 

失敗した事をことわざで

「みそをつける」といったのも

実際に味噌を傷に塗っていた事から転じたとされています。


「味噌をつける」

失敗して評判を落とす。面目を失う。

しくじって恥をかくこと、面目をなくすことなどを意味する表現。


 

そうですね!

味噌をつけられないよう

味噌をつくっていきたいと思います!

 

 


絶賛発売中!


みそまる

お湯を注ぐだけ!

簡単みそ汁 

 

著:ミソガール

藤本 智子


 

好評‼

 

TANICA

「ヨーグルティア」

売れてます!!

 

甘酒、甘糀作りに最適!

発酵のある生活は素敵!


アフィリエイトのアクセストレード

ふじみそ オンラインショップ

【よだいめのつぶやき】