料亭の粋なおもてなし




よだいめブログ とさろぐ tosalog
よだいめ プロフィール
よみもの
tosalog YouTube
日本の発酵文化にまつわる用語集


料亭の粋なおもてなし



空気中の雑菌が少ない、ちょうど今ぐらいの真冬の時期から、春先にかけて段々と気温が上がっていく、この時期が味噌を仕込むのにちょうど良いとされております。

そして、夏、秋を経て冬に出来上がるというのが味噌の一年のサイクルです。

最も寒くなるこの時期に仕込みますので、

一年寝かした今が食べ頃でもあります。

 

今回、料亭ではどう使われているのかピックアップ。

 

料亭では夏と冬で味噌を使い分けているところが多いようです。

というのも料亭では四季折々の旬の食材を使いますから、

季節感が大事なんですよね。

 

実は味噌も季節感が大事でして、

例えば夏の暑い日に甘みがあってとろっとした汁って

あまり飲みたくはないと思います。

夏には汗をかきますし、食欲だって減退する事も

あるじゃないですか。

ですので、料亭では夏場には風味の濃い「赤味噌」

辛口でさっぱりとした味わいの味噌を使い、

逆に冬場には甘みがあってとろっとした「白味噌」

まろやかな甘口の味噌を使うそうです。

 

そして、懐石料理では味噌を替えてお客様をもてなす事が

料亭では粋とされており

季節毎に味噌を使い分けているようです。

 

「料亭の粋なおもてなし」

機会があれば是非満喫したいところです。

いや、それ以上に勉強させて頂きたい!!

 

よく読まれている記事


よだいめが最近

気になっている本


「さよなら小沢健二」

最新の記事


www.misojapan.net Blog Feed

フィッシュマンズ「アナログ盤」ボックスセット発売! (火, 23 2月 2016)
>> 続きを読む

ラオスヌードル (月, 22 2月 2016)
>> 続きを読む

塩について (水, 17 2月 2016)
>> 続きを読む

チョコ味噌 (火, 16 2月 2016)
>> 続きを読む

古土佐シリーズ ~鉢巻豆の栽培~ (土, 13 2月 2016)
>> 続きを読む

【PR】


絶賛発売中!


みそまる

お湯を注ぐだけ!

簡単みそ汁 

 

著:ミソガール

藤本 智子


 

好評‼

 

TANICA

「ヨーグルティア」

売れてます!!

 

甘酒、甘糀作りに最適!

発酵のある生活は素敵!


アフィリエイトのアクセストレード

ふじみそ オンラインショップ

【よだいめのつぶやき】