若杉ばあちゃん




よだいめブログ とさろぐ tosalog
よだいめ プロフィール
よみもの
tosalog YouTube
日本の発酵文化にまつわる用語集


若杉ばあちゃん



 

以前、管理栄養士であり快調和食プロデューサーでもある谷口江利香さん主催で若杉友子さんの講演会が開かれました。

若杉友子さんが初めて高知に来るという事もあり100名近くのご来場がありました。

 

若杉友子さんをご存じない方は少ないかとは思いますが、

一応プロフィールを抜粋しておきます。

 

若杉友子


食養指導者、野草料理研究家

1937年大分生まれ 、「若杉ばあちゃん」として幅広い年代に慕われる食養指導者、野草料理研究家。日本人のための食養生活について綴った数々の著書のベストセラーにより全国的な人気に。日本各地で開催される講演会はどの会場も大盛況となっている。NHK京都の「京のできごと」で月に一度料理コーナーを担当。

18年前に自給自足のために移住をした京都府綾部市の上林地区は、移住当時は限界集落であったが、自然との調和を重んじ、天産地消・自産自消を実践する「若杉ばあちゃんの生き方に学びたい」という若い家族や若者の移住が続出。さらに氏の提唱する食養を取り入れた女性達が次々と自然妊娠・出産。綾部はベビーラッシュで活気に湧き、今も尚、移住者が増え続けている。

78歳になる現在もメガネは不要、白髪はほとんどなし。講演会ではパワートークで聴衆を魅了している。

著書に「若杉友子の野草料理教室」(ふーよよ企画)、「体温を上げる料理教室」(致知出版社)、「これを食べれば医者はいらない」(祥伝社)、「子宮を温める健康法」、「長生きしたけりゃ肉はたべるな」(幻冬舎)などがある。

 

 

あらかじめ僕は若杉さんの本を購入し、

(上記写真:これを食べれば医者はいらない)

読んだうえで講演に臨んでいたので、

予備知識がある分すいすいと言葉が入ってきました。

予習、大事ですよね。

 

流石に野草への情熱は半端なく、

たくさんの種類の野草を持参されておりました。

高々とヨモギを握り締め語られていた

若杉友子さんのお姿はなんとも神がかっており、

感銘を受けました。

感化された僕は講演後

さっそくヨモギを山に採りにいき、

取り敢えず食べてみたり、庭に植えてみたりと

野草についてもっと勉強しようと決意したものです。

講演の中で若杉さんは

梅干しも味噌もしっかり塩を効かせなさい!

糀が多ければ良いってものじゃない!

糀は陰性の性質を持つものだからね。

とおっしゃられており、あっさりと腑に落ちました。

講演後には若杉さんとジョン・ムーアさんの対談もあり、

会場はよりエキサイティングな熱を発し、

素晴らしい会となりました。

 

対談の撮影はNGだったのですが、

講演会のビデオ撮影は若杉さんの許可を得ており、

YouTubeにアップしておりますので、

お時間ある時に是非!集中してご覧になって下さい。


「若杉友子さん講演会」

6月3日(月)13時~16時

五台山・竹林寺

この歳でほとんど白髪がなく、どちらかといえば

髪が黒いって凄いですよね。

茶化しているわけではないのですが、

若杉ばあちゃん若過ぎ!w

 

本もたくさん出版されております。

一冊は持っておいて損はしないと思います。

よく読まれている記事


どろあわわ 購入プログラム

よだいめが最近

気になっている本


正にパンクの女王であろう

ヴィヴィアン・ウエストウッド

彼女の最初で最後の自叙伝が

発売されております!!!!

よだいめ

おすすめの本


「にんじんから宇宙へ」

最新の記事


【PR】


絶賛発売中!


みそまる

お湯を注ぐだけ!

簡単みそ汁 

 

著:ミソガール

藤本 智子


 

好評‼

 

TANICA

「ヨーグルティア」

売れてます!!

 

甘酒、甘糀作りに最適!

発酵のある生活は素敵!


アフィリエイトのアクセストレード

ふじみそ オンラインショップ

【よだいめのつぶやき】