First Sunday

メガネストア編集長

オカケン

Okaken's

Introduction



Beans

ファーストサンデー December,2016

はや12月。今年最後のファーストサンデーが今週日曜日になりました。今年最後のBeansを締めるのはこの人、ウダタクオ。

MISO JAPAN Recordsより発表した2枚の音源から数曲、新曲も披露してくれるそうです。
ウダさんは、毎回ライブの度に、そのシチュエーション、会場に合わせてスタイルを変えるライブ。ひろめ市場Shanti2という空間で、どのようなライブになるのか見逃せません!

DJ陣はメガネシーンより、僕、Norz。そして、ヒロシに騙された(めがねストア第15号参照)音のソムリエ岡本さん!飲みつつ、語りつつ音を楽しんでください。

そして、迷走中のトークタイムの司会を高知音楽シーンのパティシエ、お山さんに務めていただけることになりました!

今回より、WEB版のフライヤーを僕が担当します。ウダさん自身のPR文(フライヤーの帯の文章)が面白いなと思ったので本の表紙をイメージして作りました。最近、フライヤー作る機会が多くて楽しい。本人からもこんな本作ってみたいって喜んでもらえてよかった。

同じ頁が面白い=高知に腰を据えて高知発の面白いカルチャーを発信することや生業である味噌作りに通じることかなと思います。

ミニマルテクノとかもそうだけど、展開も面白いけど、反復の中にもいろいろな発見を出来るって気づくと楽しいですよね!

まさにウダさんのライフワークであり、Beansのコンセプト!
発信といえば過去にこんなこともしてて、インタビューでは音楽だけではなく、マルチなウダタクオの人物像にも迫れたらと思ってます!

 

こじゃんと!原チャリ四国最南端の旅

 

 

高知のファーストサンデーのさきがけは、Beansぜよ!!!!

ファーストサンデー November,2016

11月のファーストサンデーBeans、今月のゲストアーティストは岩佐潤くん。ソロでのライブと奥さんでもあるあやかさんとのユニットThe Ghosts&Flowers(通称ゴスフラ)での出演。会場となる梵屋とその中にあるShanti2が通常はアジアン雑貨屋と飲食での営業となるので、搬入がどうしても1時間前の5時からになりそこからのリハになってしまう。ゴスフラならではの入念なリハが行われLIVE前の客入れDJはなくなりましたが、その分2人の作り出す音の気持ちよさにこれから始まるという期待が高まりました。
しかも、今回DJはメガネシーンの2人も、前回ゲストで出演してくれた岡本さんもスケジュールが合わず欠席で僕1人だったので、そういう意味でも丁度よかった。
7時になり、本編スタート。トークで潤くんが僕はモノマネをしているだけと言っていたけど、それは自分が信じる嗅覚と闇を知ってるからこそ言えることだし、出来ることだと実感させられる演奏、世界観に鳥肌がたったし、なんか嬉しくなる。一般の飲食のお客さんも聴き入ってた。高知でこれほどまで、90年代のUK/USオルタナティブ~北欧エレクトロニカ、4ADからFAT CATを網羅するような音触りを血肉化できるミュージシャンはそうはいないし、それをちゃんと受け入れる「場所」も少ないと思う。Beansをそういう場所にしたいという思いが強すぎたのと準備不足もあり、公開インタビューはふがいない結果に…それが、今回の最大の反省点。(後日、潤くんのお宅にお邪魔し、再度インタビューを敢行、そちらを次号めがねストアに掲載予定です。いい話がたくさん聞けました。)
インタビュー終わりの後味悪い空気に包まれながら、僕のDJタイム。まったりと残った人たちが談笑する中、UK/USインディをメインに選曲。ちょっと寂しかったな…。それは自分が撒いた種。ノンアルのせい。最後までやりきりました(笑)
イベント終了後、宇田さん、ボンさん、友人の門田氏、インド人シェフのビームさん(名前カッコよすぎ!)とカレーとナンで軽い打ち上げ。刺激的な話も聞けて最後は楽しい夜になりました。

 

まだまだBeansは始まったばかり、ぜよ!

 

 

 

(文:メガネストア編集長オカケン)

 

ファーストサンデー October,2016

前回のひろめでのお披露目で無事、監査をパスしたBeans。いよいよ本格始動。2016年10月に高知に新しい「ファーストサンデー」が始まりました。
この日は山内神社で、「おやつ神社」も開催してて、ちょうどよい。
スローテンポなスイーツと音楽を楽しむには絶好な日曜日。食欲の秋、音楽の秋。
今回、DJとして参加してくれる岡本さんも、お姉さんのお店SAORI SWEETS(夜須町)の出店のお手伝いしてるので、僕も家族で出かける。着くなり、早速、音楽仲間に呼びとめられたり、ミュージシャンやDJがお店をやったり、集まったりな馴染みのお店もちらほら出店してて、そんなのが楽しい。岡本さんにあいさつしてBeansのフライヤーも置いてもらう。
SAORI SWEETSのタルトとノンアルシードル美味しい。(ハマって、翌週お店に買いにいく)顔見知りにフライヤーも渡せた。
1度、家に帰って、選曲の最終チェックと機材準備。友人の門田氏が迎えに来てくれて出発。途中、財布を忘れたことに気づき引き返してもらう…(悪夢の幕開け)
入り時間に遅れて到着。宇田さん、山ちゃんやbonoの2人も準備、リハがすでにはじまってる。
メガネシーンのミトも待っててくれてる。
2人でターンテーブルのセッティングを始める…ACアダプタ(コンセント)がない!(悪夢の本番)ことに気づく。記憶の中では、さっき確実に家でコンセントの線はぐるぐるしてる、何故だ!でも、ないものはない!どうにかするしかないっ!オープンまであと10分。とりあえず、先月までミキサーをレンタルしてもらってたX-pt.に走ろうと決断。アーケードを駆け抜け、息を切らしながらX-pt.の階段を降りる。そこには長蛇の列…そうか!今日はWANIMAのライブ…お世話になってるPAのカヅさんに会える状況ではない!
絶望が押し寄せる。Beansは始まってる。もう一度、アーケードを駆け抜ける。なんか策はないかと考えながら。とりあえず、はじめはタイムテーブル通り、ミトと野瀬さんのデジタルDJにお願いしてる。その間になんとかしなきゃと、門田氏にお願いしてハードオフに走るも、ない!そもそもVESTAXが倒産しており、合うものがない。イオンのOpusに電話(ターンテーブル、17年前にここで買う)する、電話に出たのはめがねストアでお世話になってる楠瀬さん。事情を話すもないものはない。途方にくれる。なんとか僕はデジタルの準備もして来てる。でも、ゲストの岡本さんはレコード。そしてライブの山ちゃん公開インタビューの時間も近づいている。
イオン近くの久万川のほとり、夜も更けた車内で途方にくれる男2人。最後の手段は、日高に行ってる嫁さんに頼んで持ってきてもらうしか、もうない。電話する。なんとか間に合うようにお願いする。
重い足取りでひろめに帰る。とにかく、皆さんに謝罪。楽しみにしてたメガネシーンのミト、野瀬さんのDJもすでに終わり、山ちゃんライブ中。きんもさんや鈴ちゃん、来てくれてる。中学時代からの友人も!見たことない女の子たちが前でライブを見てる。(後で聞いたら女子高生!)
始めてのbonoライブ、今回はフォークトロニカというよりは梵屋の空間に合わせた
少しアンビエントっぽい印象。心地よいサウンドスケープ。ライブが終わり、いよいよ公開インタビューの時間。準備してたインタビュー内容を聞いていくも、始めての公開インタビューってことでどうも上手く掘り下げれない感触。なんとか、山ちゃんの本質に触れたかった。結果、いい話も聞けたけど公開インタビューとしての課題もいろいろ見えた。(インタビュー内容は次のファーストサンデーBeansの日に発行予定のめがねストアに掲載してます。お楽しみに!)
公開インタビューが終わり、山ちゃんがはじめて買ったCDがスピッツで「渚」が好きということで、ミトがシャムキャッツの「渚」ではじめる粋な選曲(わかりにくい笑)でDJタイムが再開。まだ、ACアダプタは届かない。僕の出番、ミトのdjay2を借り予定外のデジタルDJ…、前にライブ機材があるので、すこしお客さんが遠い。(次回から改善予定)無事、DJ中にACアダプタ到着。岡本さんにバトンタッチ。ならではのレゲエ/ダブ解釈。林檎殺人事件の藤原ヒロシリミックスやKUWATA BANDなどなど音のテイスティングに酔いしれて体が揺れた。続くBtoB。ミトのはじめてのレコードプレイもあり4人で!
なんとか、終了。今回はほんとに宇田さん、山ちゃん、梵さん、岡本さん、メガネシーンの2人、嫁さん、門田氏にご迷惑かけました。すいませんでした!
山ちゃんのライブ、前半見逃したので、ペリスコープで見返しながら、BGM代わりにこの文章を書かせてもらいました。
来月からめがねストアもファーストサンデー発行にしました。Beansと一緒に盛り上げていきます!(毎回、Beansのゲストインタビュー掲載します)
高知のファーストサンデーに、乾杯!ぜよ。

 

(文:メガネストア編集長オカケン)

ファーストサンデー September, 2016

味噌男 冨士味噌 宇田味噌製造所 宇田卓生
MISO MAN

 

先月よりスタートしたウダタクオ氏主宰レーベルMISO JAPAN Recordが企画するイベント「Beans」。
場所は高知といえばな酒と食と文化の坩堝ひろめ市場(決してイオン高知ではありません!)。
その中にあるアジアン雑貨「梵屋」の信州長野生まれのいごっそう!名物店長ボンさんが新たに勝負に出たインド人シェフが腕を振...るうカレーとナンを楽しめる飲食スペース「Shanti2」

ファーストサンデーに入場無料で店内でアンプラグド形式でアコースティックメインのライブとDJの音楽と料理(要オーダー)と会話を楽しもう。

タクオ氏とボンさん、お互いに年の離れた友だちという、冗談言ってイジリあう信頼関係から持ち上がったこの企画。
前回、ひろめ市場の監査もクリアし、月1定期開催が出来る運びになりました。

基本的に毎月出演は1アーティストに絞り、ライブとトークで発信していくスタイル。
動画アプリPeriscopeでも同時配信でどこからでもこのイベントに参加出来るようにしています。
(アーティストへの質問、DJへのリクエストなど募集する予定。)
そして、ライブ音源は毎回、録音していき、レーベルのオムニバスとして全国流通させて行きたいという目標もあります。

記念すべき第一回の出演はoyama氏。
somali、alley、bono、午後ティ、ソロ弾き語り、DJ、イベント主宰と様々なアウトプットを持ち、どれも良質なクオリティで高知の音楽シーンに架け橋を作ってる存在。
こんな人は高知に他にいない!
ただ、多彩な顔を持つあまり腹黒、雨男と言われてる側面も…。笑

DJは僕たちメガネシーン(いまのところokaken、Norz)が担当させて頂けることになりました。
そして、今回はゲストとしてDJ OKAMOTOに出演して頂きます。
レコードでの生音でロックな音のテイスティングをお楽しみあれ!

高知のファーストサンデーはBeansで乾杯しましょう!

(文:メガネストア編集長オカケン)