よだいめブログ とさろぐ tosalog
よだいめ プロフィール
よみもの
tosalog YouTube
日本の発酵文化にまつわる用語集


プロフィール


宇田卓生 ウダタクオ ふじみそ 四代目

宇田卓生 UdaTAKUO



宇田卓生(うだたくお )は、日本の味噌職人。愛称は四代目。

最終学歴:バンタン芸術学院(作曲科)卒業

 

坂本龍馬が生まれた町、上町(高知市)にて

大正8年から続く老舗の味噌屋の四代目として生まれる。

幼い頃から味噌に慣れ親しみ育つ。小学生時代は音楽や文学に熱中し、ルブランやドイル、江戸川乱歩の作品を好んで読み漁る、所謂ポプラ社っ子の小学生だった。中学時代、美術の成績は常に5であった。高校に入るとバンドを結成、作曲を始める。

その後、上京。バンタン芸術学院(作曲科)に進学する。


 

2007年11月より味噌の修行を始める。

 

それまでは味噌職人としての在り方が見えずにいたが、2011年東日本大震災・福島第一原子力発電所事故が起こってしまった事を受け、味噌・発酵に携わる者として必ず誰かの一助になれると奮起、味噌職人として歩むべき道が定まる。

 

その頃から味噌作り教室・講座等の依頼を受けるようになり、味噌や発酵食品の良さを伝える活動を開始。

 

高知・のびのび青空キャンプin香美では毎年ボランティアスタッフとして参加。保養キャンプに来られた福島県在住の(親子の)方々を対象に味噌作り教室を行う。

 

週刊新潮(2014年 3/6号)にて結婚を発表。

 

2015年、忠左エ門にて冨士味噌 四代目 襲名式が行われ、晴れて 家長となる。


アーティストとしての活動


バンタン芸術学院在学時、自身の楽曲「Livin'」が、卒業制作用に楽曲を探していた映像デザイン科の生徒から抜擢され、出来上がった作品「Livin'(MV)」は卒業式に全校生徒の前で発表された。

バンタン芸術学院卒業後もプロミュージシャンを目指し東京で音楽活動を繰り広げていたが、芽が出ず、上京から9年後、高知へと帰郷。

集大成として「Brown Bunny」をYouTubeにて発表。

20万ヒットを記録する。

2010年、かねてからの夢であった映画製作を監督として手掛け映画作品「Eumebakare」を撮影。監督・脚本・編集・音楽とマルチな才能ぶりを発揮。

本作品は「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2011」へ応募したが見事に選考から外れた。

内容はビートルズの「アビーロード」をパロった描写や、所々垣間見えるニルバーナへのオマージュ。生と死の狭間。日曜市や路面電車など高知を舞台に撮影された映画である。

その後、音楽と演劇のコラボレーションイベント(高知の音楽家、作家が一同に揃い、つくる、オムニバスイベント)『SILENT』に脚本/演出として参加。舞台作品「エマープ」を発表する。本公演は2012年 10月6日、7日と2日間にわたり開催された。

2013年、高知に新たな夏の日、音楽の日をつくろうと盛り上がり、仲間たちと土佐フェス実行委員会を発足。会長に就任。「TOSA FES 2013」を主催する。

2015年、「MISO JAPAN Records」を立ち上げ、自身初となるアルバム「Beans」をウダタクオ名義でリリース。



最新の記事


www.misojapan.net Blog Feed

古土佐シリーズ はちまき豆 (金, 11 8月 2017)
>> 続きを読む

新しいモノと古いモノ (土, 10 6月 2017)
>> 続きを読む

スライム (木, 08 6月 2017)
>> 続きを読む

#0077 (水, 07 6月 2017)
>> 続きを読む

ピポット味噌作り教室 (土, 15 4月 2017)
>> 続きを読む


アフィリエイトのアクセストレード
ふじみそ オンラインショップ